予定通りにはいかない…赤ちゃんと私の生活

ちゃんとの生活は、思い通りにいかないことばかり。ちょっとしたことで食事の時間がズレる。栄養バランスを考えて、手をかけて離乳食を作ったのに、ひと口も食べてくれない。出かけようと思ったらおもらし。入浴させようと思ったらもう寝てしまった。昼寝が長いと、夜はなかなか寝てくれない……

体調を考えて規則正しい生活をさせたいと思えば思うほど、予定通りに動けないことに焦りやいらだちを感じることでしょう。「私の準備が足りなかったのかもしれない」「もう少し余裕を見ておけばよかったのかしら」と、自分が管理しきれないことに情けない思いを抱える方も多いことでしょう。

かに、おおよその生活リズムを整えることは大切ですが、予定通りに動けないのはママが悪いわけではありません。相手があってのことなのです。そしてその原因は、口うるさいお姑さんでもいじわるな上司でもなく、愛しいわが子。そう思うとずいぶん違う捉え方ができるのではないでしょうか。

らしはすべて人との兼ね合いで成り立っています。出産前、私たちは、思い通り、予定通りに動けていたのでしょうか。会社の上司に急に明日までに書類を作るよう頼まれて残業をした。バイト先の店長に突然シフトを変えられた。そんな経験があるはずです。自由を謳歌していたように感じる子ども時代も、
お風呂に入りたくもないのに「早く入りなさい!」といわれ、お腹がすいているのに待たされたこともあったでしょう。

それでも不自由に感じたり、情けなく思うことが少なかったのは、自分が自由にできる時間がそれなりにあったから。仕事が早く終われば友人と飲みに行き、休日はゆっくり寝ることもできました。限られた時間でも、自由に使える時間がありました。
自分の時間が全く持てないのは子どもでも大人でもつらいものです。時間をやりくりしたり、家族に協力を求めて、時折、自分のために使う時間を持つようにしましょう。

れてくると、お昼寝している間に効率よく家事をこなせるようになるはずです。限られた時間をやりくりするのが工夫のしどころ。毎日何もやるべきことがないと、かえって充実感や達成感は感じないものです。

例えば、やりたい家事や、やりたいことをメモ用紙や携帯などにリストアップしておきましょう。ゴミを捨てる。ボタンをつける。どんな小さいことでもいいのです。リストを消していくのは快感ですよ。自分のやったことを「可視化」していくと、「ほんの少しの時間でこんなにできた私ってスゴイ!」と自分をほめてあげたくなるはずです。

お茶を飲んでホッとリラックス
Lakshimi(ラクシュミー) 極上はちみつ入り
カモミールティー ティーバッグ25袋入り



カモミールには、心身をリラックスさせる効果があり、夜寝る前にカモミールティーを飲むと不眠症を改善し、よく眠れるようになります。

おわりに

心に余裕を持てるよう、周りの人に協力してもらいましょう。家族が近くにいない人は、行政に連絡してみるとか、少しでも一人になる時間を作るため、短時間でもベビーシッターさんを雇ってみる、一時預かりをしている保育園に連絡してみる、いろいろ調べれば、お住まいの地域にも助けになってくれるところが必ずあるはずです!

無理してパンクしてしまってはお母さんも赤ちゃんも共倒れ。その前に、少し冷静になって考えてみましょう。きっと、解決策は見つかるはずです!

頑張りすぎない、無理しすぎない、赤ちゃんも自分も大事にしましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました